地主と借り主へのメリット


おじいちゃん定期借地権は、地主にとっても借り主にとってもメリットのある制度です。地主にとっては、そのまま土地を使用されず更地のままのことを考えれば、誰かに使ってもらうことができ、土地の使用代としての地代も収入として得られます。税金を安くすることもでき、さらには借り主の管理により土地管理からも解放されます。そしてなにより、土地を手放したくないという方であれば、50年後に契約更新をしなければ、将来的に孫などに土地を残すことも可能です。土地を売りたくない地主にとってはありがたい制度です。

借り主にとっては、本来必要となる土地代を、安くして土地を使うことが出来ます。土地への費用を安くすることにより、その分のお金を家の方に回して、設備などを充実させられます。ただ借り主にとっては、定期借地権の契約を行うと、たとえば50年間土地を借りるとして、毎月地代を支払わないといけません。毎月の地代によっては、50年間の総額が、土地購入費よりも高くなることもあり、注意しないとなりません。ただやはり総合的に見ると、土地を買うよりも借りる方がコストは下がります。借りれば毎月の地代のみなので、税金などは発生せず、割安で土地を使うことが出来るでしょう。

土地を借りる権利の定期借地権


家を建てるには土地が必要であり、日本全国どこに住むにしても、建築前には土地を用意しないとなりません。特に土地は都心になると価格が高く、購入できないという事もあります。そんな方でも、土地を手に入れる方法が、定期借地権です。地主から土地を借りる権利であり、借りた土地に家を建てられます。土地そのものを購入するのではなく、土地を使用する権利を購入するのです。

家ちなみに定期借地権は、一度地主と契約し権利を購入すると、1回の契約につき、50年間土地を借りることが出来ます。もしも50年後にさらに続けて土地を使用したいとなると、地主と再契約を行い、新たに家を建てることになります。定期借地権という制度は、出来てからまだ20年ほどしか経っておらず、新しい制度なのです。もしも安く土地を手に入れたいなら、1つの選択肢となる制度でしょう。それだけ家を建てたい人への、負担を減らしてくれる制度になります。

土地を購入する場合に比べると、やはり土地を安く手に入れる事が出来るというのが、借り主にとっての最大のメリットです。その土地は自分のものにはならず、将来的な資産にはなりませんが、将来的に売れるかどうかわからない土地を持つなら、このようにして借りるという選択肢もあります。定期借地権は、借り主にメリットのある制度ですが、実は地主にとってもメリットのある制度なのです。土地を持っている人にも、土地を使いたい人にも、メリットがあります。