定期借地権の種類


更地定期借地権には、3つ種類があります。まずは一般定期借地権です。これは、借地期間が50年以上の長期の借地権であり、主に一般建築用に使われます。契約期間が訪れると借地権利が消滅し、長期的に使わない土地に向いている借地権です。分譲マンションなどを建てることが多く、借地契約期間が終了すると、更地にして土地を返却します。

借地権を30年以上に設定するのが建物譲渡特約付借地権であり、期間終了後は、建物を地主が買い取ります。借り主はアパートや店舗、オフィスなどを建築して営業し、期間終了後は地主が建物を買取、経営も引き継ぎます。この借地権では契約更新は行わず、期間終了と同時に借地権を借り主は失います。

事業用に土地を借りるのが、事業用定期借地権です。交通量が多い場所の土地など、住居用に向いていない土地が対象となることが多いです。コンビニや工場などを建築するときに使われ、借地期間は10年以上50年以内です。事業用にのみ土地を借りることができ、住居用建物は建てられません。用途によっては、住居用土地より、高い地代を請求できます。契約期間終了後の建物の扱いは、借り主と地主との話し合いになりますが、借り主から買取を請求することは出来ません。