定期借地権の種類


更地定期借地権には、3つ種類があります。まずは一般定期借地権です。これは、借地期間が50年以上の長期の借地権であり、主に一般建築用に使われます。契約期間が訪れると借地権利が消滅し、長期的に使わない土地に向いている借地権です。分譲マンションなどを建てることが多く、借地契約期間が終了すると、更地にして土地を返却します。

借地権を30年以上に設定するのが建物譲渡特約付借地権であり、期間終了後は、建物を地主が買い取ります。借り主はアパートや店舗、オフィスなどを建築して営業し、期間終了後は地主が建物を買取、経営も引き継ぎます。この借地権では契約更新は行わず、期間終了と同時に借地権を借り主は失います。

事業用に土地を借りるのが、事業用定期借地権です。交通量が多い場所の土地など、住居用に向いていない土地が対象となることが多いです。コンビニや工場などを建築するときに使われ、借地期間は10年以上50年以内です。事業用にのみ土地を借りることができ、住居用建物は建てられません。用途によっては、住居用土地より、高い地代を請求できます。契約期間終了後の建物の扱いは、借り主と地主との話し合いになりますが、借り主から買取を請求することは出来ません。

買うより安い


定期借地権は、土地を借りることであり、賃貸の土地バージョンと言っても良いかもしれません。土地を借りるときは、地主と契約し、毎月の地代の他に、保証金を支払います。この保証金は、50年後に契約終了すると、借り主に返却されます。50年で契約はいったん切れますが、地主との合意があれば、その後再度契約を結ぶことも可能です。

お金費用面で見ると、土地を買うよりもお手頃と言われています。たとえば年間の地代が30万円であれば、50年間支払うと1500万円になります。保証金を500万円とすると、合計で2000万円となります。この金額だけを見ると、土地を買う値段と変わらないと思うかもしれません。しかし、土地を購入すると、固定資産税などの税金がかかり、また購入後は将来的に、必要なくなったときにどうするか考えないとなりません。さらには土地を買うなら、お金はなければローンとなり、利息も余計にかかります。

このようなことから、定期借地権での土地の利用は、土地購入よりも割安であると言えるのです。感覚としては、土地購入の6割程度の価格で、土地を手に入れることが出来ます。特に定期借地権は、都心など土地価格が高い地域ほど、その効果を発揮します。